ゼロ・ウェイストアカデミー 活動報告

「ゼロ・ウェイスト認証制度」開始と項目公開のお知らせ

プレスリリース 2017年4月20日

 

報道関係各位

 

特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー

(徳島県勝浦郡上勝町 理事長:谷晶(坂野晶))は、

平成28年度、上勝町とともにゼロ・ウェイストに取り組む事業所を

独自の基準で公的に認証する「ゼロ・ウェイスト認証制度」を設立し、

この制度に則って審査をした上勝町町内の飲食店6店舗を

初めての「ゼロ・ウェイスト認証店」として認定いたしました。

また、本日2017年4月20日(木)に各店舗に対して認定証書等授与を行う

「ゼロ・ウェイスト認証式典」を開催いたしました。

 

これに伴い、以下のとおり「ゼロ・ウェイスト認証制度」の内容を公開発表致します。

 

■ゼロ・ウェイスト認証制度とは

ゼロ・ウェイスト認証制度は、ゼロ・ウェイストに取り組む事業所を独自の基準で公的に認証する制度です。

各事業所は、

‐ 従業員がゼロ・ウェイストの研修を受けていること

‐ 自治体の制度に則り、適切な分別・リサイクルに取り組んでいること

‐ ゼロ・ウェイスト活動に目標を設定して計画的に取り組むこと

以上3つの条件をクリアしたうえで、以下6種類の基準で審査されます。

 

◇LOCAL FOOD

地域の食材を活用し、地産地消に努め、ごみの発生抑制に取り組んでいる

例)地元農家から直接仕入れを行うことで、容器包装を使わず仕入れている

 

◇RETURNABLE

食材や資材の調達において、ごみの発生抑制に取り組んでいる

例)仕入れの際にマイコンテナやクーラーボックス等を持参し、仕入れ容器ごみを削減している

 

◇IDEA

おしぼり等の無料サービスにおいて、ごみの発生抑制に取り組んでいる

例)おしぼりはリユース、シュガースティックではなく角砂糖をポットで出すなど使い捨て製品を使わない

 

◇OPEN for ACTION

利用者がごみの削減あるいは分別に取り組める工夫をしている

例)顧客へゼロ・ウェイストに取り組んでいることを情報発信し、参加できる仕掛けを設けている

 

◇BYO

利用者が食器や容器ごみなどの代用品を持ち込むことで、ごみの発生抑制に繋がる仕組みを導入・周知している

例)マイボトルを持参すれば割引があり、コーヒーを使い捨て容器無しでテイクアウトできる

 

◇LOCAL REUSE

再利用を通じ、地域内のごみの発生抑制・資源循環に取り組んでいる

例)古民家や建具など置いておくと廃材としてごみになってしまう地域資源を活用し、店舗に活かしている

 

 

■認証店舗一覧

2017年4月1日付で認証された店舗は以下の通りです。

 

‐ 月ヶ谷温泉 月の宿 レストラン(2項目認証)

‐ いっきゅう茶屋喫茶(2項目認証)

‐ RISE&WIN BREWING CO. BBO&GENERAL STORE(3項目認証)

‐ Bar Irori(4項目認証)

‐ リストランテ ペルトナーレ(5項目認証)

‐ Cafe polestar(5項目認証)

 

以下のとおり、店舗案内のマップをNPO法人ゼロ・ウェイストアカデミー事務所および

上勝町内各店舗にて配布しています。

 

 

 

[本件についてのお問い合わせ先]

特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 担当:坂野 晶

徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下日浦94番地4 ホームページ:http://www.zwa.jp/

TEL/FAX:088-544-6080   E-mail:zwa@quolia.ne.jp


この記事へのコメント
コメントする








   

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

リンク

ブログの記事を検索


ゼロ・ウェイストアカデミーTOPへ