ゼロ・ウェイストアカデミー 活動報告

毎年恒例 リサイクル工場見学ツアー2013

今日の目標は、びわの種で杏仁豆腐を作ること! キョクチョーです。

さて、毎月行っている勉強会、6月は毎年恒例のリサイクル工場見学ツアーでした!

34分別している上勝町、やっぱり未だに
「これって何で分けなあかんの?」
「分けたら、どないになんよんえ?」
と疑問に思うことがたくさんあります。

そんなときは、やっぱり現場を見に行こう!
答えは現場にあるのさ〜。

ということで、今回はゼロ・ウェイスト検定に合格された方々の希望を最優先に行き先をチョイスいたしました。
第1のコ〜ス 徳島東部最終処分場 〜上勝町からも埋め立て物が運ばれています
第2のコ〜ス 三幸クリーン 〜上勝町の廃プラスチック類が固形燃料になっています
第3のコ〜ス 日誠産業 〜アルミ付き紙パック、シール台紙、牛乳パックなどをパルプにしてくれています

今回は、3カ所に的を絞った見学にご案内いたします。

まずは、一番人気。徳島東部最終処分場
ゴミのことを考えるなら、見ておかなければならない場所No.1でもあります。
なぜ、ゴミを減らしたいのか? ここに入る物を減らしたいのです。

徳島県東部の市町村(徳島市、鳴門市、吉野川市(鴨島町を除く)、阿波市、勝浦郡、名東郡、板野郡内の町村)が利用している最終処分場で、約140億円かけて建設された施設。
上勝町は、最初の負担金1,500万円と、埋め立て処理費22,000円/鼎鯣颪笋靴討い泙后

徳島東部処分場
徳島空港の隣にありますので、空港からもちゃんと見えるんですね〜。

↓空港の展望デッキ。LEDがキラキラ〜☆ そこから見える夕日に光る水面。それが処分場。
39-2-徳島阿波おどり空港 送迎デッキ88 


↑ちゃんと最初は説明を聞きまして。

一般廃棄物は、減ってきている(実感。データ上はH23まで微増傾向)
一般廃棄物の中身は、燃えがらが60%、不燃ごみが40%
計画当初は、埋め立て量が多かったのでH28までしか使えないと言われていたが、
量が減ってきている現在では、40年(H40?)くらいは延命できるのではないか。



↑最終処分場の隣=徳島空港の隣にメガソーラーができていました。
ソフトバンクのやつだったかな?今立ってる場所は、浄水施設の上。



↑プラスチック前処理施設
徳島市からのプラスチック類を、埋め立てする前に、浮いてこないように土と一緒に袋に入れる。徳島市のためだけといってもいいような施設。徳島市の焼却施設は老朽化しており、現在溶融炉の建設を検討中。それが建てば、プラスチックを埋める必要もなくなるので、埋め立て量はもっと減る。

所長曰く、「埋め立てをする量は、焼却の技術に依存する」
確かに、そうとも言える。
だけど、そしたら「何でも燃やせ」になってしまわないかな?

埋め立て量を減らす→焼却灰を減らす
そのために、
焼却せざるを得ない物を減らす or 燃やし尽くす・灰を有効利用する?

論争が起こる部分ですね。


↑徳島東部最終処分場は、海を区切って徐々に端から埋め立てています。


↑袋に詰められた埋め立て物が、水中に沈められていく様子です。

さて、次の場所は、今年廃プラスチック類を引き取ってくれている徳島市の三幸クリーンさんです。三幸さんは、廃プラスチックと木くず、紙くず、繊維くずを引き取って固形燃料を作っています。その固形燃料は、大王製紙と引取契約を結んでいます。
上勝町としては、廃プラスチック類・マット・畳・布団を出していますが、処理料40円/kg(40,000円/トン)を支払います。
焼却費が58,800円/トンなので、それよりは安い。ということですね。


↑この窓の向こうに、大きな重機があって選別しています。


↑選別する様子。畳は、切りにくいからひとまず除けておくのだそう。
重機が布の固まりを掴んで、モップみたいに周りをキレイにするのが面白かった。


↑やっぱり機械だけでは選別できないので、人間の手が入る。こんなにたくさん。
というのも、やっぱり異物が結構入ってくるんですって。


↑こんな感じの異物。私たちも現場側なので、その大変さがよく分かります。


↑これが、一番投資したという「塩ビ選別ライン」
イッコーさんも塩ビについては興味津々です。

上勝町で残っている焼却物の例を挙げて、それが引取可能か聞いてみました。
使用済みのティッシュ:問題なし
ゴム製品:問題なし
革製品:人造皮革は、塩ビが使われているらしいのでダメ。

エ〜って感じでした。あの革って塩ビ使って作るんだ?勉強になりました。

最近は、最終の処理に困るから、メーカーさん側も塩ビ使わないようにはなってきているそうですが、どうしても強度が必要な水道管とかは、しょうがない。ということでした。

それでも、塩ビを使わないようになってきている、という情報を聞けただけでも嬉しいものでした。


↑これが、できあがりの固形燃料ですね〜。

単純焼却されているものを、せめてエネルギーとして有効活用を。
「サーマルリサイクル」というやつです。
プラスチックに関しては、そもそも石油から出来ているわけですから、燃料として使うことは本来の用途の1つではないか、個人的にはそう思うようになりました。
(これは、それぞれ非常に見解が異なる分野なので、あくまで個人的意見です)


そして、最後の第3コースは、阿南市にある(株)日誠産業
昨年度からお知り合いになり、今は実験的に(ボランティアで?)上勝町のアルミ付き紙パックとシール台紙を持って帰ってくれている会社です。



日本の牛乳パックの20%をリサイクルしているという、日本有数の紙パックリサイクルの会社!徳島にあるんですよ〜。



日本全国から、いや世界から紙が集まってきます。いろ〜んな紙が。


↑これ、カードゲーム用の紙。透けないように、紙と紙の間にフィルムが入っているそう。


↑さっき三幸クリーンでも話題になった人造皮革を作るときに使う型紙。
天然革っぽいシワとか、模様とかが施されている。めっちゃ大きいロールで、めっちゃいっぱいあった。


↑これは、プリクラ用の紙なんですって。


↑これは、アメリカから輸入されたアルミ付きの紙。どっかの工場で印刷する前にはじかれた物らしい。もったいな〜、、、

本当に、普通の製紙工場では、絶対禁忌品って言われるような紙ばかり勢揃い。
これが、本当にリサイクルできるんですね。


↑実は、これが紙(パルプ)を剥がされたフィルム(牛乳パックで言うと中のビニール膜)


↑これが、多分心臓部。パルプとフィルムを乖離させる機械


↑この中で溶かされて、洗濯機みたいに回って、溶けたパルプを取り除けば、フィルムだけが残る。すごく簡単に言うけど、きっと難しいこと。

牛乳パックとアルミ付きパックは、本当に同じ技術だけでリサイクルされているのか?
日誠さんは、牛乳パックのフィルム除去の精度が高かったから、アルミ付きパックもできる。簡単に言うとそんな感じらしい。


↑実際に、ドロドロに溶けたパルプからは、簡単にフィルムだけが取れる。
ほぇ〜。


↑こちらの工場見学で楽しませてもらったのは、あちこちに掲げられた標語。
この写真では、「暑いけど 首も凝るけど ヘルメット」


↑この機械があったところには、「入るな!死ぬぞ!紙キレに命かけるな!」のような
ダイレクトな看板が。本当に危ないんだ。

色々、工夫を凝らした表示があって、良い工場作りの雰囲気をすごく感じました。


↑これが、出来上がりのパルプ。

皆さんもよくご存じのKleenexのティッシュにもなってるし、コーヒーチェーン店の紙ナプキン、KOKUYOのファイル、果物を収めるトレイ・袋、徳島県民御用達イルローザの箱、ノートなどなど、身近な紙製品の多くが日誠さんから旅だったパルプで出来ている。

そんなスゴイ日誠さんが、他にも手がけてること。

↑広島市の平和記念公園に届く折り鶴を活かすプロジェクトを進行中。
詳しくは、こちら

ほんと自慢したくなる会社です。



最後に、お土産のBOXティッシュまで頂いて、記念撮影。


今回、本当に快く見学を受け入れてくださった3社の皆様に感謝いたします。
今後も、市民がより廃棄物に関して理解できるよう、我々ZWAは学びの機会を提供していきたいと思います。



この記事へのコメント
こんにちわ 
日誠産業さん 信頼と勇気をもらえますね 有料化後の中間処理施設(紙類)を訪問し日誠産業さんの事も伝えました 10万トンあれば回収可、5万の市どれほどの紙パックがあるかと 思いますが 情報を得れば即やりたいことが見えてきます 私の時代でどこまで行けるか?と思います まさに持続可能性を求めてです 9月〜10月にかけて4回 中間処理施設見学(一般市民呼びかけ)現場を知ることから・・・です有料化してゴミ袋が減量を引っ張っていますが まだまだ入口です ゴミ問題をきっかけに、合わせて市・協働課で街づくり(市民協働)の議論が始まったことに期待を寄せています 530としてまず上勝からと視察に行ったことはよかったと思います 目指すところがはっきりしている・・・これからも迷いながら でも前向きにと思っています よろしくお願いします                  水上幸枝 
  • 希望さん
  • 2013/07/02 9:30 PM
希望さん 静脈産業の業者さんが事業として成り立つことが、循環型社会の必須事項ですよね。市民として出来ること、みんなで知恵を出し合って頑張っていけたら良いなと思います。これからも一緒によろしくお願いいたします。
  • キョクチョー
  • 2013/07/03 2:24 PM
コメントする








   

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

リンク

ブログの記事を検索


ゼロ・ウェイストアカデミーTOPへ