ゼロ・ウェイストアカデミー 活動報告

中国まで講演行ってきました。

もう2013年も半分が過ぎようとしていますね。早いったらありゃしない キョクチョーです。

1/四半期の終盤、ちょっといつもと違う講演が入ってきました。
なんと行き先は、中国の河南省にある鄭州!
中国各省の環境担当者対象の気候変動対策セミナーにお呼ばれしたのです。

昨年度まで行っていた四川省との事業が中国でも高い評価を受けていて、今回はJICA中国事務所が企画されたセミナーで、上勝町の事例を発表してくれないかと。

あらまぁ。
嬉しいじゃないですか。

ということで、今回は役場から桑原参事と新居さん(ゼロ・ウェイスト担当者)とともに三人で、6/18〜20の二泊三日(強行)で行って参りました!

 鄭州は、大体北京と四川の真ん中くらい。だけど、乗り継ぎがいい時間なくて、北京空港で三時間待ち。

 上勝〜関西空港 車とバス五時間
 関西空港〜北京空港 飛行機三時間
 そして、さらに鄭州まで飛行機三時間
 ずっと座りっぱなしでお尻が痛い。


 


みんな発表に向けて最終チェック中。














 セミナー当日の様子。 

 中国での会議は、大きい垂れ幕のような物を毎回作る。だから、それがいっぱいゴミになっていて、どうにかならないかと。

 それが、そもそもたくさんゴミを出さないように自分たちで考えるようになったら、私たちも行った甲斐がありますね。







面白かったのは、開会式が終わったら、必ず集合写真を撮ること。しかも、その会場内ではなくて、わざわざ建物の外に出て。その時間もったいないな〜と思ってしまうのは、私が日本人だからでしょうね。

 参加者は全員で58人。
 男女半々くらいだったのではないでしょうか。中国も公務員は男女平等が普通なんですね。

 この日は、一日中セミナーで、上勝以外の講演も盛りだくさん。

 聞いてる方も疲れますよね。
 上勝の出番は、午後からでした。




 桑原参事が上勝町の概要
 新居さんが、日本のゴミ処理と上勝町の取り組みを紹介。










 












 もちろん我々は中国語話せないので、通訳さんが入ってくれました。

みんなちゃんと真剣に聞いてますよ。

 発表終わった後は、いっぱい集まってきて質問攻め。

 本当に埋め立てはゼロになるの?

 子どもへの教育はどうしてるの?

 大体日本で受ける質問と同じ。
 やっぱりごみ問題は世界共通ですね。




 私も登壇。
 私の持ちネタは、主にリユース。
 四川省にも普及されたくるくるショップ、中国全土に広まるといいな。


 せっかく中国に行ったんだから!ということで、四川省の担当者と一緒に打ち合わせ。

 なんと、四川省で1カ所目のくるくるショップは、大好評らしいですよ。
 やった〜〜。

 そして、2カ所目を上勝と一緒に作り上げていきたいということで、今年度の事業について調整中。




そんなこんなで、あっという間に発表は終わりました。
あれだけ渡航準備に時間かかったのになぁ、、、
というのは、やっぱりJICAさんの事業で講師招聘されたので、履歴書やら健康診断書やらなんやらかんやら提出物があって、たった1日のために、、、頑張った次第です。

私たちは1日だけでしたが、セミナー自体は3泊4日の行程。
現地視察も入ってたりして、うらやましか〜。

だけど、せめてセミナー会場以外の様子も見て帰らないともったいない!
ということで無理言って、会場周辺を案内してもらいました。

屋台が一杯建ち並ぶ。
日本人はお腹壊すから食べない方がいいですよって、、、

美味しそうなのに、くぅ〜。

 交通事情。
 電気のスクーターがすごく多い。日本の原付みたいに登録する必要がないので、自転車みたいな感じ。
 あんまり音がしないので近づいてきても気づかない。

 車も、やっぱり多い。
 バスもタクシーもいる。




 北京の人曰く、地下鉄もバスも公共交通は当てにならないから、結局車に乗る。
北京では、地下鉄もいきなり停車駅を変更したり、バスは時刻表がないから、来るまでひたすら待つとか、日本ではあり得ないことが普通にあるということです。

 大気汚染のことを真剣に取り組むために、公共交通に力を入れている。
 とは言っても、やはり成果が見えてくるのは数年先のようですね。

鄭州のホテルからの風景。

 建物の屋上には、大抵太陽熱温水器がついている。
 ビックリした。

 けど、屋上に上がる階段などはないそうで、設置するのはなかなか大変な事みたいです。

 超ボケてるけど、ホテルの部屋の中で売られていたマスク。

 すごく欲しかったんだけど、いくらか値段が分からなかったから置いてきた。

 これがあれば生き延びられるのに!笑

 そして、また1日かけて日本への帰路につくわけですが、今度の北京空港での乗り継ぎ時間は、5時間!
 さすがにそれは持て余すと言うことで、JICA中国事務所へ御礼とご挨拶。
 国際協力に携わる方は視野が広くて、そしてどん欲に情報を得ようとする人が多いように思います。そんな人とは、お話ししてても楽しいです。




朝7時に鄭州のホテルを出て、上勝に着いたのは、翌日の1時近く、、、

大変ハードでしたが、色々次にもつながるチャンスを頂いて、有意義なお時間でした。





 








この記事へのコメント
コメントする








   

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

リンク

ブログの記事を検索


ゼロ・ウェイストアカデミーTOPへ